パスワードを忘れた? アカウント作成
4942 story

OpenWatcom 1.0リリース 30

ストーリー by Oliver
懐かしの逸品 部門より

Silphire 曰く、 "OpenWatcom 1.0がリリースされました。OpenWatcomは、Sybase社が以前販売していたWatcom C/C++とWatcom Fortranの販売を終了するのに伴い、オープンソース化の作業が進められていた物です。ライセンスは独自のOpen Watcom Public Licenseというライセンスを使用しています。2000年8月22日に一部の開発者に限定的にソースコードが公開されてから2年半近い年月経ちましたが、やっと念願のリリースに漕ぎ着けたようです。OpenWatcomは16/32bit DOS, 16/32bit OS/2, Win16, Win32s, Win32とMS製OSを中心として幅広いプラットフォームをサポートしています。そのサポートしているプラットフォームの多さから、今でも使われている場面が多いのではないでしょうか。
なお、今後FreeBSDやLinuxに移植する計画もあるようです。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • Open Watcom C/FORTRAN77 をしばらく前から(趣味で)使っているけど、
    コマンドラインヘルプやメッセージなどが日本語化されています。 ソースコード中の日本語(SJIS)も通ります。

    あと C のヘッダーやライブラリは多少 DOS 臭いのですが 一応 ANSI 互換のようで、
    UNIX で書いた手持ちのコードを Win 環境に持っていて Watcom C Compiler でビルドすることはできました。
    無論、sigact
    ただ C++ のライブラリが特殊です。
    STL の変わりに "WC" の prefix の付いた WATCOM テンプレート ライブラリが付いてきます。
    # まあ、STL は移植しちゃえばいいのですけど、、、

    p.s.
    一応、IDE は要らないというチャレンジャーのために書いておきますが、Open Watcom を c:\watcom にインストールしたら、
    set watcom=c:\watcom
    set PATH=%PATH%;c\watcom\binnt;c:\watcom\binw
    で、wcl386.exe が C/C++ のフロントエンドっす。 FORTRAN77 は wfc386.exe っす。

    p.p.s.
    C++ の独自のテンプレートライブラリというと、 RogueWave の Tools.h++ なんてのもありましたね。 クラス名は "RW" から始まっていた記憶が、、、
    --
    コンタミは発見の母
    • by Anonymous Coward on 2003年02月08日 20時56分 (#254387)
      ソースの中に 日本語版Watcomを発売してた LIFEBOAT(当時) のクレジットを見ました。感謝。

      STLPort はそのままでは使えなかったような?
      2.0 の目標にも STLPort を動かすってのがありました。
      親コメント
  • by pantora (11989) on 2003年02月08日 18時32分 (#254327)
    カーネルビルドもできるようになると幸せになれそう。
    --
    PCにECC Registeredメモリの利用を推奨します。
  • 自分の場合、往年のNESエミュレータNesticle [zophar.net]でした。
    これを機会に使ってみようかなぁ…

    LinuxでもWindowsでもCコンパイラはgccを使うことが殆どで、他のコンパイラをあんまり使わなくなってしまった。
    他人のソースをコンパイルするのに、./configure & make でcコンパイラを使う機会がぐっと増えて、自分でmakefileいじらなくてもソフトがコンパイルできるし…
    自分で書いたソースをコンパイルするにしても、コンパイラを替えてコンパイルしようとは普通思わないし。

    tcc [bellard.free.fr]とか他のコンパイラと比較するのも面白そう。
    • by Paranoided Coward (14013) on 2003年02月09日 17時49分 (#254787) 日記

      tccは、小さいながらもISOC99への対応を目指していて、"long long"や wide charにも対応して、 preprocessとcompileとassembleとlinkをまとめて処理している為、 gcc 2.95.2 -O0との比較で8倍速いという高速化を実現しているみたい。 bisonやflexを使わずに手でゴリゴリ書かれていて、 lexser部分はにcase文を使い'\'とpreprocessのトラップに注意を払いながら TOKENにし、そのTOKENをMacroの展開などのpreprocessor処理し、TOKENを取り出し、 構文処理から直接ネーティブコードを生成という作業を、1パスで行っているようだ。

      実行optionはgccを意識したものになっており、 version 0.9.16ではgnu形式のinline asmにも対応している。 ソースファイルの先頭に#!/usr/bin/tccを加えれば、 スクリプトととして実行できる機能も備えており、 memory and bound checkerの実装など、セキュリティが強化されれば、 高速性を生かして C言語をスクリプトとして気軽に使えるようになる かもしれないね。 javascriptのようにブラウザに組み込まれたり、 あと開発環境と組合わされば面白いかも。

      親コメント
    • by junnohta (10945) on 2003年02月08日 20時37分 (#254370)
      LZEXEを書いたあのBellardだったんですね。
      当時17歳。LZEXEは衝撃でした。
      多芸多才な人なんだなあ。
      親コメント
  • by mizotec (13974) on 2003年02月08日 22時29分 (#254423) 日記
    NLM を作成してNovell Netware上で走らそう。

    NLM が作れる唯一のコンパイラ?
    --
    I am grateful to everyone and you.
  • Windows以前のDOSの頃の話ですが、C処理系といえばMicrosoft CとBorlandの Turbo Cが2強でした。
    Turbo CはTurbo Pascal (今のDelphi) の流れを汲んで、コンパイルが超早いのとIDEを備えていたことが特長。一方でコンパイル結果のオブジェクトの質はMS Cに劣りました。
    そこでWatcom Cですが、こいつはコンパイルが遅い代わりにオブジェクトはかなり良かったのです。
    そこで開発者は、開発中はTurbo Cを使い、最後に製品にするバイナリを作る時だけWatcom Cでコンパイルしたものでした。
    • by junnohta (10945) on 2003年02月09日 3時54分 (#254579)
      Whitesmith C, Computer Innovations C-86
      (後のOptimizing C-86), Lattice C, Aztec C,
      HI-TECH C(豪州産), Wizard C(Turbo Cの原型?)
      Mark Williams C(Coherent作ってたとこね),
      DataLight C, BDS-C(Leor Zormanのやつ),
      いっぱいあったなあ...。

      あ、Penguin Cってのもあったな。
      京大の医学部生が作ったんだっけ?

      Turbo Cは最初サザンパシフィックとマイクロ
      ソフトウェアアソシエイツ(MSA)の両方が
      日本語版を出してました。両方買ったけど
      サザンパシフィックは後に手を引きました。
      親コメント
      • 懐かしい。

        BDS-C:
        CP/M時代にBDS-CでCを(個人で)習い始めました。最初はstdio.hが無いくらいな非標準仕様でした。後期版でもlongやfloatは無いとか、ライブラリの互換がかなり低いとか制限はありましたが、たかだか32kBのRAMと2.5MHzのZ80、250kBのFDで一通りのことができたのはすばらしかった。コンパイルはメモリに展開するので、大きいサイズは不可能でしたが、そのかわりTurbo-Pascalもびっくりの超高速でした。

        入門用として、Tiny-Cというのがありましたが、インタプリタで、仕様も独特だったので導入したことはありません。

        Aztec-C:
        会社でFA機器の制御をPCでやることになり、PC-8801+CP/M3.0の環境で使う際に選んだのがこれ。floatもつかえ、ライブラリもそこそこ揃っていました。しかしライブラリにバグが結構あり、ソースがないのでリバースエンジニアリングして修正したり結構苦労しましたが、勉強にはなりました。

        あと、Digital ResearchもDR-Cを出していました。CP/M-86版を会社で買ったけどほとんど使わなかった(そもそもOS自体...)。
        親コメント
      • by abilitei (1889) on 2003年02月09日 13時14分 (#254686)
        PowerCってのもありましたよねぇ・・・15年ぐらい前でしたか。
        当時国内で主流のPC-9801にあわせて、9801円だったような記
        憶も残っていますし、発売元が2つあったような記憶もあるんです
        よねぇ・・・
        親コメント
        • ええ、私はPower-CでC言語の勉強をしました。

          つーか、Ver.2(\14,800になってしまいました……って、Ver.1から\5,000位でアップデートしたんですけど)なら、今でも現役です。
          386以上のCPUだとデバッガがヘンな挙動を示すこともあるので、V30な機械でMS-DOS3.3な環境を残してあったりします。

          コンパイラとかのマニュアルは(当時の無知な私には)イマイチ判りにくかったんですけど、ライブラリのリファレンスは(当時の〃)良いできでした。

          ライブラリのソースまで全部付いてたりして、結構勉強になりました。

            >発売元が2つあったような記憶もあるんですよねぇ・・・

          Turbo-Cの初期と混同されてませんか?
          私の持ってる奴は、開発元がMIX Software、販売(日本代理店?)がシステム・ワンで、これ以外は見たこと無いですけど。
          親コメント
          • by abilitei (1889) on 2003年02月10日 15時53分 (#255535)
            それはPC-9801用として売られていたものですね。
            当時契約がらみで色々もめていたと思うんですが、FM-R用が他社
            から出ていたはずなんです。比較検討をしていた覚えがあるんですよ。
            結局98がメインになるので、システムワンにしたはずです。
            かすかな記憶では、システムワンが白、もう一方が黒のパッケー
            ジだったと思います。
            なお、Cマガジン創刊のころに、システムワンの勝ち名乗りのよ
            うな記述が広告にのっていたはずです。

            あー、思い出せなくて、きゅーきゅーしてます。
            親コメント
            • うぁそうでしたか。
              PC-9801用しか知らない分際で生意気な口をきいてしまいました。
              申し訳ありません。

              当時の日本国内でのDOS環境を考えれば、対応機種によって別会社が販売する、何てこともありえたんでしょうね。

              <おふとぴ>
              現在でも(特定ジャンルの)ゲームは、(内容もイコールではありませんが)PC用とコンシューマー機用では別のところから発売される事が良くあります。
              ……大概、別ブランドなだけですけどね。
              </おふとぴ>
              ……Power-Cの話題がオントピックかと問われると……?
              親コメント
      • LSI-C試食版でやってますた。
    • by Anonymous Coward
      Symantec C++なんてのもあったなー。
      こっちは、Win16とWin32の境目辺りで出てた奴だけど。
  • by Anonymous Coward on 2003年02月08日 19時19分 (#254342)
    DOS時代は(洋)ゲーム開発用に結構使われてみたいだよね。
    たしか。
    • by .mjt (13150) <mjtNO@SPAMcltn.org> on 2003年02月08日 19時43分 (#254348) 日記
      DOS4GWってwatcomのDOSエクステンダだったっけ…そういえば。
      FAQ [azillionmonkeys.com]読むとなんか使いたくなってくる。
      このFAQによるとwatcom向けに作られたエクステンダらしい>DOS4GW

      そういえば、DOSのプログラミングを全然しなくなったなぁ…
      CWSDPMIとか、GO32とか。何もかも懐かしい。
      # まぁ、当時は某試食版 [cwidc.net]で十分だったのでエクステンダのお世話には全然なりませんでしたが。
      # 第一、djgppとかの何MBもあるアーカイブをISDN公衆電話でDLする度胸なんて..
      親コメント
      • > # 第一、djgppとかの何MBもあるアーカイブをISDN公衆電話でDLする度胸なんて..

        僕の場合 gcc (djgpp) にむちゃ憧れて、ビレッジセンターから 5 インチ FD (!) で購入したりしました。

        スゲー量の FD が届いて結構ビビった…。奇跡的にも全部ちゃんと読めました。
        --
        Only Jav^Hpanese available :-)
        親コメント
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...