パスワードを忘れた? アカウント作成
15069003 story
アメリカ合衆国

GitHub、イランで全サービスを提供可能に 3

ストーリー by headless
許可 部門より
GitHubは5日、イランでGitHubの全サービスが提供可能になったことを発表した(The GitHub Blogの記事The Vergeの記事The Registerの記事)。

2019年7月からGitHubでは、米国による経済制裁対象国・地域(クリミア・キューバ・イラン・北朝鮮・シリア)のユーザーによる非公開リポジトリの利用をブロックしている。対象外のユーザーでも対象国・地域からGitHubにアクセスすると一時的に制限がかかる。公開リポジトリに関しては、経済制裁の対象国・地域からの利用も可能だ。

GitHubは経済制裁に従うため必要な措置だとしつつ、サービス提供を再開するための手続きを進めていたという。このたび、イランでのサービス再開に必要なライセンスを米財務省の外国資産管理局(OFAC)から取得したとのことで、シリアやクリミアでもサービス再開すべく手続きを進めているそうだ。こういった内容は英語版の「GitHub and Trade Controls」ページにも反映されている。

これによりGitHubではイランのユーザーを対象にしたサービスの復元を進めるが、有料サービスの決済処理を行うサードパーティ企業がイランからの支払いを処理できない可能性もあるという。また、個別に経済制裁対象となっている個人や団体などは引き続きサービスを利用できない。
  • by Anonymous Coward on 2021年01月09日 11時47分 (#3955780)

    宗教的にそうならないように願ってます

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年01月09日 12時04分 (#3955788)

    輸出規制への対処は、一律ブロックでなく内容を(だれかが)
    チェックするということなんだろうね。

    気にしている人はほとんどいないと思うけど、
    少なくとも日本の場合はWebで公開すると輸出にあたる
    ので、いちいち判定が必要ですw

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年01月09日 13時30分 (#3955825)

    バイデン政権に移行してる感じ

    ここに返信
typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...