パスワードを忘れた? アカウント作成
13814359 story
ロボット

Ford Europe、シートの耐久性テストロボット「Robutt」に発汗機能を追加 19

ストーリー by headless
尻汗 部門より
Ford Europeが開発したロボットの尻「Robutt」に汗をかく機能を追加したそうだ(Ford Europeのブログ記事The Vergeの記事Motherboardの記事動画)。

シートの耐久性を調べるために開発されたRobuttはロボットアームに取り付けられ、シートに人が座る動作をシミュレートする。汗をかく機能はエクササイズやジョギングの後にそのまま車に乗る場面を想定したものだ。Rubuttは摂氏36度に温められ、表面を覆う布地に450ミリリットルの水が供給される。これにより、運動で汗をかいた人が座る動作10年分に相当する7,500回の耐久テストが3日間で完了するという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2019年01月14日 12時19分 (#3547912)

    性テストロボット

    • by Anonymous Coward

      運動で汗をかいた人が「座る」動作でござい。

  • by Anonymous Coward on 2019年01月14日 12時49分 (#3547918)

    最近の山手、時々もの凄いウンコ臭かったりゲロ臭かったりして吐きそうになるんですけど
    しかもその臭いの元凶は「使用禁止」の札が貼られたシートとかね

    # 電車でもらすな!

    • by Anonymous Coward

      各車両にトイレを付けてほしい。3分100円とかの有料でもいいから。
      他の公衆トイレも時間制にしてほしい。出し切ってなくても時間が来たらいったん出て列の最後尾に並べ。
      中で寝てるのか?ってぐらい出てこない奴がいる。

    • by Anonymous Coward

      朝の寝起きではグダグダで便の通りも悪いけど
      駅まで歩いたり、あるいは電車待ちとか電車内とかで「今日はあの仕事をしなきゃ・・よし!」と頭回したりして
      そのタイミングで交感神経がオンになったりする人が多いのかね。

      • by Anonymous Coward

        肛門神経がオンになったんだろうね

    • by Anonymous Coward

      福祉案件なんじゃないの? 間違った指差喚呼してるセルフ車掌とか足が腐ってる人とか若い女を探して体当りする人とか毎度話題になるじゃん。

  • by Anonymous Coward on 2019年01月14日 13時08分 (#3547923)

    こういう耐久テストってイマイチ信用できない。
    車内だったら日中熱くなり夜間凍えるというサイクルを1年に365回繰り返すことになるし、日光の紫外線も多量に浴びることになる。今回のであれば汗で濡れた状態でそんな環境下に曝されたらとかまったく考慮してなさそうだし。

    • by Anonymous Coward

      紫外線はガラスでほとんどさえぎられてしまうよ。
      それよりバクテリアの繁殖による劣化の方が実際の環境との差が大きいんじゃないかな。
      熱や湿度を考慮した加速度試験は可能だが、バクテリアの代謝は加速できないし、
      汗の代わりにただの水を用いるのでは、バクテリアの栄養になるような人体からの
      老廃物が含まれていないので実際の環境と同様とは主張できないだろう。

  • by Anonymous Coward on 2019年01月14日 13時13分 (#3547924)

    ロボットアームの先にしがみついた全裸のワイの、汗ばんだ尻をバスンバスンとシートに叩きつけるテスト

    • by Anonymous Coward

      監督者が妙齢の女性になるだけでテストからご褒美になるのですね。

  • by Anonymous Coward on 2019年01月15日 9時21分 (#3548224)

    ハズキルーペもこういうのでテストしてるんだろうか。

    # 発汗機能はいらんと思うが

  • by Anonymous Coward on 2019年01月15日 12時53分 (#3548315)

    Robuttって意訳すると「ロボ尻」って感じでしょうか...

typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...