パスワードを忘れた? アカウント作成
13630146 story
Windows

Windows Insider Program、「スロー」リングに意味はあるのか 23

ストーリー by headless
意味 部門より
Windows Insider Programでは、スローリングに新しいWindows 10 Insider Previewビルドが長らく提供されていないようだ(Neowinの記事Flight Hub)。

Windows Insider Programでは新ビルドの提供頻度順に「ファースト」「スロー」「リリースプレビュー」の3つのリングがオプションとして用意されており、昨年7月にはリリースブランチを飛ばして次の開発ブランチを受け取る「Skip Ahead」が追加された。

今秋リリースが予定されているWindows 10のRS5ビルドは2月にSkip Ahead向けの提供が始まり(ビルド17604以降)、Windows 10 バージョン1803(RS4)の一般リリース以降はファーストリングにも提供されている(ビルド17661以降)。しかし、スローリング向けに提供されたビルドはバージョン1803のリリースビルド(ビルド17134)が最後で、RS5ビルドは一度も提供されていない。RS5初のBug Bashも22日に開始されているが、スローリングのままでは参加できないことになる。

Microsoftは5月のBuild 2018で、ファーストリングに提供したビルドのフィードバックで新たな問題が報告されなければそのまま、問題が報告されれば修正後にスローリングへ提供することで、スローリングのユーザーが利用可能なビルドを増やす計画を明らかにしていた。しかし、現在のところ計画は実行に移されていないようだ。なお、現在提供されているWindows 10 Insider PreviewのISOイメージはビルド17115とビルド17127のみ。RS5どころかバージョン1803のリリースビルドを入手することもできない状況だ。
  • by Anonymous Coward on 2018年06月24日 13時03分 (#3431195)

    提供順に並べるとこんな感じ

    1. Insider Preview (Fast Ring)
    2. Insider Preview (Slow Ring)
    3. Insider Preview (Release Preview Ring)
    4. Semi-Annual Channel (Targeted) (旧称 Current Branch)
    5. Semi-Annual Channel (旧称 Current Branch for Business)
    --
    (別枠) Long-Term Servicing Channel (旧称 Long-Term Servicing Branch)

    個人的には、この更新モデルで続けていけるのかかなり疑問に思ってる。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      今後1年ぐらいは開発が乱れるかもしれない。安定するのはWindows 10 ver.1903のリリース後になるのではないか?
      来年4月までに予定されているのは、
      1) .NET Core 3.0/.NET Framework 4.8
      2) Visual Studio 2019
      3) Office 2019
      これらをサポートするプラットフォームとしてWindows 10 ver.1903

      Windows 10 ver.1809はNIC関連のドライバのフレームワークの変更が中心で、他は小幅な修正しかないとも聞きます。
      大型アップグレードが控えているので、そちらを優先しているところがあるようだ。

      • by Anonymous Coward
        今後一年の間にビッグプロジェクトのリリースが待ち受けているとはいえ、Win10のリリースに強い影響があるのは.NET Frameworkくらいではないかな?

        それにしても、Win10ってそんなに頻繁にリリースが必要なものなのか?
    • 複数の製品種別が有るわけでは無く、どのビルドをいつインストールするかの違いでしか無いから。

      Build 12345 が Fast RIng でリリース後、大きな問題が無ければ Slow RIng で「同じ」バイナリがダウンロードできるようになるだけ。
      なのに Slow Ring が更新されないのはなぜ?ってのが元の議論。

      Release Preview Ring は、メジャーバージョンアップを数週間先に入手できるだけで、他は通常版 (SAC-tag) と同じ。
      SAC は SAC-Tag が約半年遅れてリリースされるだけ。

      それぞれで別のバイナリが動いているならともかく、単に人柱リリースと安定リリースの違いでしかないから

      • by Anonymous Coward

        こんなチャネルがあればいいよね、と机上で考えても実際回してみるまで有用かどうかわからんからね。

        提供側と受け取り側双方の需要と供給がマッチしたチャネルだけ残せば良い。

        • by Anonymous Coward

          真っ先にWindowsの新しい機能等を試したい人のための Fast Ring と、なるべく早く自分のプログラムが受けるWindowsの更新の影響を調べたい人の Release Preview Ring があれば、Slow Ring を望む人は余り居なかったのだろう。

    • by Anonymous Coward
    • by Anonymous Coward

      近いうちに、項目4のターゲット指定がなくなるという噂がある。
      というかちょっと、コロコロ名前変わりすぎな気も否めないね。
      こういった迷走が、多くの批判を招く要因な気もしなくない。

      あと別の人も書いてるが、1809はさらに不具合増えるかもな。
      セキュリティソフト周り、ドライバー周りは特にだね。
      やや怖いよ。頑張って、バグだししておいてほしいよ。

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...