パスワードを忘れた? アカウント作成
13395662 story
マイクロソフト

Officeアシスタント「クリッパー」がVisual Studioの拡張機能として復活 19

ストーリー by hylom
満を持して復活 部門より
headless曰く、

最も嫌われたMicrosoftのキャラクターともいわれるOfficeアシスタントのクリッパー(英: Clippy)が、Visual Studioの拡張機能「ClippyVS」として復活した(Channel 9 — Coding4Fun BlogOn MSFT)。

ClippyVSはVisual Studioの画面にクリッパーが登場し、ユーザーの操作にリアクションをとるというもので、Visual Studio Marketplaceで入手可能だ。まだ開発途中の段階とのことで、開発者のEros Fratini氏がフィードバックを求めている。なお、この拡張機能はオープンソース(MITライセンス)で開発されており、ソースコードはGitHubで公開されている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 日本語版のOfficeアシスタントではイルカのカイルがデフォルトキャラクターになっていたが、英語版ではクリッパーがデフォルトになっており、

    この点がね…ぜひ日本向けにカイルVSをね…

    • by Anonymous Coward

      そこは冴子先生で

      • by Anonymous Coward

        あるフレーズで話しかけるとエッチな「裏・冴子先生」モードになるよね。
        って話をしたら本気になってた奴らが何人もいたなあ、当時。

        • 開発者名に反応 (スコア:5, おもしろおかしい)

          by Anonymous Coward on 2017年08月31日 15時07分 (#3271044)

          > 開発者のEros Fratini氏

          エロス・フラチニ・・・ふらちに・・・エロス不埒に・・・
          さ、さえこせんせーい!!

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            おもしろおかしいをあげたい

      • by Anonymous Coward

        冴子先生18禁バージョンを誰か作って

    • by Anonymous Coward

      わんぱくクリッパーとか(混乱

    • by Anonymous Coward

      ソース公開されてるんだから、勝手に作れよ

  • by Anonymous Coward on 2017年08月31日 14時59分 (#3271035)

    | 何について調べますか?
    | ┌────────────┐
    | | お前を消す方法       |
    | |                    |
    | └────────────┘
    |  オプション(O) ]    検索(S) ]

    `──────────┐ ┌───
               , '´l,  .. ./
           , -─-'- 、i_  /
        __, '´       ヽ、
       ',ー-- ●       ヽ、
        `"'ゝ、_          ',
          〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
           `ー´    ヽi`ヽ iノ
                    ! /
                  r'´、ヽ
                  `´ヽノ

  • by Anonymous Coward on 2017年08月31日 15時19分 (#3271051)

    VSってことはクリッパーと対戦するのか?

    と妄想した。

    • by Anonymous Coward

      ヘルパーじゃなかったのか。
      そりゃ邪魔されたと思って居たのは正解だったんだな。

  • by Anonymous Coward on 2017年08月31日 19時25分 (#3271212)

    キズナアイにすれば大ブレイクでしょ。
    いや、キズナアイは外人が飛びつくか

    • by Anonymous Coward

      俺たちの心のマドンナ冴子先生をさしおいてミクとか…

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...