パスワードを忘れた? アカウント作成
12875225 story
教育

義務教育では英語やプログラミングではなく日本語読解能力を身につけさせるべき 133

ストーリー by hylom
あとはIT関連の倫理教育でしょうね 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

昨今では小学校で英語やプログラミングの教育を行うことが議論されているが、国立情報学研究所で「大学入学試験合格」を目指す人工知能を研究している新井紀子教授によると、英語やプログラミング以前に、日本語の読解力を身につけさせることが必要だという(日経新聞)。

新井教授によると、とある市の中学生対象とした調査で「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」という文書を正しく理解できたのは54%だけだったという。さらに、学年が上がってもこのような問題に正しく回答できる生徒は増えず、読書量や通塾の有無との相関もなかったそうだ。

この結果を踏まえ、新井教授は「すべての子どもが、義務教育終了時に中学校の教科書を読めるだけの読解力を身に付ける」ことを目標とすべきと述べている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • いとをかし (スコア:3, 興味深い)

    by loose duce (47070) on 2016年08月12日 19時04分 (#3062347) 日記

    何が面白いかって、スラドで日本語読解力論じちゃうところだよな。
    これ以上、滑稽なことはない。

  • by miyuri (33181) on 2016年08月12日 18時00分 (#3062285) 日記

     「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」
     オセアニアに広がっているのは何か。仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥ教の4つのうちから選ぶとしたら、正解はなんだろう。

    斜め読みすると、

    • 仏教は東南アジア、東アジアに、
    • 東アジアに、キリスト教
    • キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、
    • オセアニアに、イスラム教
    • イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている

    としがちなので、読解する気が無いと、イスラム教だと判断するかもしらない(ぉ

  • 昔、中学の国語の先生に聞いた。
    「私たち、国語教師の目標は義務教育終了時に新聞が読めるようにすることです」
    読めるというのは、当然、理解できるということも含む。

    英語やプログラミングはそれにプラスしての話だ。
    だから、

    英語やプログラミング以前に、日本語の読解力を身につけさせることが必要

    この考えは完全に間違っている。
    日本語の読解力を放棄して、英語やプログラミングをせよなどとは一言も言っていない。
    新井教授こそ読解力を身に着けるべき。

    • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 18時51分 (#3062336)

      >昔、中学の国語の先生に聞いた。
      >「私たち、国語教師の目標は義務教育終了時に新聞が読めるようにすることです」
      >読めるというのは、当然、理解できるということも含む。

      「おいおい、現在、中学卒業生がみんな新聞読めるとでも思ってんのかい兄さん。
       とある調査によると、現状で、その目標達成率が50%くらいしかないんだが、
       国語以外の科目で新たな目標を導入している場合か?
       簡単な「Hello World」プログラム組めたり、英語で観光案内できたりしても
       新聞読めない(投票自主権を行使できない)ような労働者が欲しいってのかい?」

      ってのが教授の論点だと思うが、
      #最後の二行は誇張しました

      親コメント
  • 義務教育において、作文の時間に、

    「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」

    なんていう文を書いたら、文科省のガイドラインに従って、

    「仏教は東南アジア・東アジアに、キリスト教はヨーロッパ・南北アメリカ・オセアニアに、イスラム教は北アフリカ・西アジア・中央アジア・東南アジアに、おもに広がっている」

    に直されるでしょうね。

    また、文節だけでなく文全体にかかっている「おもに広がっている」の直前には、読点を入れるべきです。

    文科省のガイドラインによれば、名詞の並列の場合には「・」を用いることになっていて、公文書は一般的にこのガイドラインに従っています(読点「、」と文の中点「・」の使い分けは? [alc.co.jp])。

     このうち読点と中点の使い分けで注意が必要なのは、列挙の場合であると思われます。たとえば「鉛筆・万年筆・ボールペン」や「経済・社会・政治」のように名詞を列挙する場合は中点を用います。

     一方同じ列挙する場合でも列挙するものが名詞以外である場合は読点を用います。たとえば「社会的、歴史的考察」の場合「~的」というのは名詞ではなく形容動詞語幹に相当しますから、この場合は読点を用いるわけです。また但し書きにあるように数詞も名詞ではないので、数詞を用いる場合は「鳥が三、四羽飛んでいく」や「会員は四、五十人です」のように中点ではなく読点で区切ります。

    読点だらけのトリッキーな文章でミスリードを狙う目的であるならば、名詞ではなく形容動詞語幹を列挙すべきでした。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 15時28分 (#3062172)

    仕様書も読解できない奴が技術書の購入で稟議書回してんじゃねーよ!って。
    いくら原文を読んだってそれを誤読や誤解してるんじゃ意味ないだろ(笑)

    というわけで、うちでは新入りはまず広報や渉外や庶務に配置して、末端の雑多なドキュメンテーション業務で徹底的に自然言語を鍛えさせてます。日本語に限らず、英語に限らず。
    そうするようにしてから従業員教育が捗るようになった。
    お勧め。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 13時53分 (#3062106)

    「筆者はxxと思ってます」ではなく、論理的に文章を理解できる能力や、
    「xxとおもいましたぁ」的な感想文でなく、考えていることを論理的・客観的に説明できる能力は必要でしょう。
    現在割り当てられている国語系の科目の時間を変えずにそういったことを教えられるようにすることは可能だと思います。
    漢文・古文をまず削るべきでしょう。

    • by Super KUMASAN (34209) on 2016年08月12日 14時16分 (#3062117)

      古文や漢文こそ、論理に基づいた読解力が要求されているのではないかと。

      親コメント
      • >古文や

        中古と分類される時期の、王朝物カテゴリーの小説など、女官の日記など。
        さらに中世の擬古文なる日記、和歌など。
        梁塵秘抄の俗謡は言うに及ばず。

        空気・世情を読み、敬語の効きの強さを計測しつつ主語(というか行為・思考の主体)を明らかにするという大準備を前提にするならそれほど不賛成には
        まわらないのだが、そういった回りくどい条件をつけないなら同意できない。

        残りの時代・様式の古文だって、そして漢文だって
        中学・高校の国語教科書に登場する程度のものはさておき
        美術の授業や世界史の口絵で登場するものまで含めると
        論理をかざすだけでははがたたないと思うよ。いかがでしょうか?

        // なぞなぞとか判じ物って頭の固い論理一辺倒だとぎゃふん。

        親コメント
    • ゼロベースで単位数と授業時間を見直せという強硬論でなければ賛成します。
      ただ、あなた (#3062106) は漢文・古文という義務教育終了後により多くの
      時間を割いている課目を槍玉に挙げているが、それはためにする論理展開
      であって益少なく害ばかりが目立つ。

      むしろ小学校中学校教育課程の授業や課外の宿題で読書感想文などというもの
      に時間を割くことを今後排除して報告文や小論文を書くようにしむければよい。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 18時32分 (#3062322)

      国語を日本語と文学に分離すべきかもなあ。
      漢文・古文の読解や、小説を書いたり、詩を作ったりといった文学面は、中学以上なら別の強化にすべきだろうなあ。
      社会の需要からすると、
      1) 資料を効率よく読解する能力。
      2) 報告書を適切に作成する能力。
      3) 会話によるコミュニケーション能力。
      の3つが大切であるのだが、文学的側面ばかりが重視されて、大学入学後や、社会人になってから苦労することになっている。

      まあ、資料を効率よく読解する能力を鍛えるための道具として、漢文・古文の読解を行うというのであればそれなりに意味があるかもしれないが、読書感想文や文学作品の制作にはあまり力を入れるべきではなかろう。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      だから、社会人として必須の契約文(大抵の人は生涯に保険の一つや二つ位契約するでしょ)や法律文(法律と無縁で人生を終える人は稀でしょう)の解読能力を、漢文・古文・筆者はxxと思ってます(しかも著者に否定される事も少なくない)より先に、義務・高等教育で教えるべきでしょ。
      国語教育関係者って、基本的に児童・生徒の人生を蔑ろに考えてるのよ。

      • by Anonymous Coward

        騙される養分がいなくなったら搾取する既得権益が失われるからやるわけがない

      • by Anonymous Coward

        それは社会科や公民でやったほうがいい。

        • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 14時49分 (#3062138)

          実社会に出る頃には変わっているかも知れない現行制度の内容は社会科や公民でやったほうが良いだろうが、制度が如何に変わろうとも通用する契約文や法律文等の論理文を正しく読解する能力は国語科の範疇である。
          しかも教育技術上、試験問題作成も評価も容易(著者に否定される事は稀)だが、ただ単に国語科教育関係者の好みの内容ではないだけ。
          しかもこの論理文の読解能力は、プログラミングの大前提である。

          親コメント
      • by Anonymous Coward

        国語に限らないよ。小中高校はどの教科も「社会では役に立たない」ということを常に前置きして話を始めない?
        それが先生たちの頭に染み付いちゃってて、学校は社会とは別の世界で、お互い役に立ってはいけないんだとでもいう分断が起こっていると思う。

        • by Anonymous Coward

          お忘れかもしれませんが教師が児童生徒に何を教えるかというのは教師ではなく国家が決めます。

          国語に限らないよ。小中高校はどの教科も「社会では役に立たない」ということを常に前置きして話を始めない?

          あなたが通った学校ではそうだったのかもしれませんが私が通った学校ではそんなことはありませんでした。
          労働法についての授業の時には今日教える知識を社会に出た時に使わずに済んだらいいねとかそんなことを言ってた気はしますが。

    • by Anonymous Coward

      理系でも上に行くほど、論文の読み書き能力は重要になるからねえ。ところで、いわゆるSNSで使われるような若者語の読解力はどうなのだろうか。中高年も勉強が必要だよねえ

    • by Anonymous Coward

      漢文は国語ではありません中国語です。
      という揚げ足取りはおいておいて日本でも説明する訓練は行っています。ただしその訓練は国語ではなく理科を通じて施します。
      まあ論理学を教えるのがいいんでしょうね。さらに言えば時間割を柔軟にして半年だけの科目や三ヶ月だけの科目を作るのが良いのかもしれない。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 13時53分 (#3062107)

    「以前に」と「ではなく」はちがいます。

    • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 14時37分 (#3062129)

      以前にという言葉は、

      中学では日本語教育を完璧にやって、英語やプログラミングは「後回し」でと言ってる。
      単に順番でなく、日本語教育をちゃんとできない子にあれこれ教えるなという意味で言ってるので、間違ってない。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      1.まず身につけるべきが日本語読解力であり、英語やプログラミングはその後
      2.義務教育終了時の目的が日本語読解力の習得
      であるなら、英語やプログラミングを身につけるべきは義務教育より後でもよいとなる。

      つまり”義務教育では”という条件を付ければ

      「英語やプログラミングではなく日本語読解能力を身につけさせるべき」と同じ文意となる

      • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 14時26分 (#3062122)

        義務教育で英語やプログラミングをやらなくていいとは言ってない。
        目的を〜にするは、他の目的がないという意味ではないし、目的で
        ないことは一切やらないと言う意味でもない。

        基本的に、両者の意味がある点で重なるとしても、
        特にこの場合はそうだと確信がなければ言い換えてはいけない。
        あなたのように条件を付け加えていって、ほら同じと言っても
        それはあなたの主張であって元の発言者の主張ではない。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          主張ではなく単純な文章読解の論理の問題です。

          どの時点”以前”なのかを明確にしてみましょう。

          #ま、元発言者の主張でいっても「英語よりプログラミングや日本語読解力を優先すべき」になっちゃうんだけどね

          • by Anonymous Coward

            おかしな文章になってしまったわ

            「英語やプログラミングより日本語読解力を優先すべき」だわね。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 14時32分 (#3062125)

    なぞなぞを解くことが必須ってことかいな

    教科書も教員も法律も
    解釈ぶれるようにわざわざしているのがあかん

    • by Anonymous Coward

      そもそも教科書って読めても意味がなかったりするんですけどね。数学と国語の教科書は教師による解説を前提に説明を省略しているので一人で読んでも何もわからない。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 14時55分 (#3062144)

    自然言語も、プログラム言語も、数式も同じでしょう。文法読解力をつけなければどれもこなせません。
    さらにそれを補完するのが、全体の意味をとらえる要約能力と、単語力です。

    正直言って日本語はかなりファジーにできる言語なので、他言語を一度通して文法学んだほうが、読む力も書く力もつくように思います。

    • by Anonymous Coward

      >文法読解力をつけなければどれもこなせません。
      だから第一言語での文法読解力をまず付けましょうって話でしょうよ。

      他言語を第一言語として学ぶならその言語でもいいけど
      第二言語と並行して学ばせながら相対性による気付きを促す、なんて小学校では難しいと思うけどね。

    • by Anonymous Coward

      正直言って日本語はかなりファジーにできる言語なので、他言語を一度通して文法学んだほうが、読む力も書く力もつくように思います。

      英語もかなりファジーな言語だからな~

  • by Anonymous Coward on 2016年08月12日 15時19分 (#3062163)

    よほど変な書き方をされている文章なら読解能力というスキルが必要だろうけれども、
    ここの子供に対する議論は、どちらかというと、読解以前の「論理」に関する能力が貧弱すぎるという話な気がする.

    # 電車の中から黒い羊が見えた時の3人の学者の反応の話とか、大変面白いw 必要なのは、あの話のどこまでが通常(社会的に? 生物学的に?)認められる論理的な範囲か、という問いかけに対して自分で考えられる能力であって、その文章の文法がどうのとか、句読点がどうのとかいう、文章の形式に対してのスキルではないはずだ.

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...