パスワードを忘れた? アカウント作成
11048666 story
プログラミング

プログラムを書いたことがある最も尋常でない場所は? 174

ストーリー by headless
通常 部門より
本家/.「Ask Slashdot: Where's the Most Unusual Place You've Written a Program From?」より

尋常でない場所や状況でSASプログラミングをしたことがあるかという4つの質問がSAS Blogsに掲載されているが、個人的には範囲をプログラミング全般に広げたら面白いのではないかと思う。4つの質問は次のようなものだ。

  1. プログラムを書いた場所の中で、最も尋常でない場所
  2. プログラムを書いた状況の中で、最も尋常でない状況
  3. プログラムを書くのに使用した、最も尋常でないコンピューター環境
  4. これまでにプログラムを書いた中で、最も尋常でないアプリケーション

本家/.ではトイレや潜水艦といったものから、普段の職場自体が尋常でないといった回答もみられる。/.Jerはいかがだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 最も尋常でない場所 (スコア:5, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2014年06月07日 18時02分 (#2617058)

    客先の会議室

    #しかも間に2社程挟んでた気がする

    • Re:最も尋常でない場所 (スコア:5, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2014年06月08日 3時45分 (#2617232)

      沖縄の米原潜の中。今日中に間に合わなければこのまま出航(出向)。
      という話になった同僚がいました。
      上司が大丈夫だ任せろ、と言いつつパスポートを届けていました。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年06月08日 15時26分 (#2617401)

        同じく米原潜だが俺のときは違った。米軍基地内なのでパスポートは最初から携帯。
        上司は、大丈夫だ安心しろ。帰りはF14で届けてくれると言われ、トラベラーズチケットを渡された。
        カードが使えて助かった。ちなみにF14でなく輸送ヘリでグアムから送ってもらった。
        割と珍しくないことなんだろうか。

        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年06月07日 21時16分 (#2617129)

      プログラムを書いていたのかわからないけど。
      ルノワールにデスクトップPCを複数台持ち込んでいる人を見かけた事があるな。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年06月08日 6時10分 (#2617245)

        スーパー銭湯にシステム納品するのに間に合わず、
        近所の民宿借り切ってデスクトップやPOSの実物持ち込んで開発しつつ、
        なんとか二日後納品したことならある。

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年06月07日 21時21分 (#2617131)

    アジアの、ある少数部族の村に泊まり込んで、1ヶ月ほどプログラムしてた時期がありました。
    土と藁で出来た家の中で、突然の停電や、縛られたブタが運ばれてきたり、楽しかったな。

    • Re:少数部族の村 (スコア:1, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2014年06月08日 12時11分 (#2617307)
      > 縛られたブタが運ばれてきたり

      それは「新しいドMなプログラマー」に対する隠語という理解でよろしいか
      親コメント
  • 夢の中で (スコア:4, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2014年06月07日 21時18分 (#2617130)
    デバッグして原因が判った事が数回

    すばらしいアイデアを思いついたが、翌朝思い出せなかった事が数十回
  • なんとなく (スコア:4, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2014年06月07日 22時13分 (#2617147)

    それぞれ別のケースだけど

    1.プログラムを書いた場所の中で、最も尋常でない場所

    開業直前のホラーハウスの中で制御用プログラムの修正やってた。周囲には化け物(人形だけど)とか、電気の設置してるお兄さんとか、段取り確認してる幽霊役のスタッフ(フルメイク)とか。

    2. プログラムを書いた状況の中で、最も尋常でない状況

    嫁の出産前に分娩室で。流石に出産はじまったら励ますほうに集中したけどな。
    #「最も尋常じゃない場所」もこっちかもしれない、もしかしたら

    3. プログラムを書くのに使用した、最も尋常でないコンピューター環境

    PC-9821 Lt2(i486DX2 50Mhz)のDOSから立ち上げたQuickBasic 4.5JのエディタでJavaのプログラムを書いたことある。他に使えるエディタが何もなかったんだ。そして3.5インチFDDに保存して提出した。数年前の話。

    4. これまでにプログラムを書いた中で、最も尋常でないアプリケーション

    Microsoft Word 2003
    他のソフトの起動が片っ端からグループポリシーで潰されてた環境だったので。オートコレクトに殺意を覚えまくった。
    #逆にTRPGのリプレイ小説をviで書いてる馬鹿が身近に居るのもネタになるかもしれない

    • by monpetit (46797) on 2014年06月09日 11時35分 (#2617741)

      うちもそれぞれ別の案件。

      1.プログラムを書いた場所の中で、最も尋常でない場所

      友引前日の葬儀屋のバックヤード。遺体用冷蔵庫の隣で開発元の尻拭い。
      当時はCEで納品行ったら要件にあってなくて怒られてそのまま作業。後で聞いた話だが冷蔵庫の中にはご遺体が・・・。

      2. プログラムを書いた状況の中で、最も尋常でない状況

      デバッグだが、自分で組んだプログラムなので・・・。FAXソフトをイヤフォンでデバッグ。
      最初は音量小さめでスピーカーでやってたが、苦情が来て仕方なく。
      1週間過ぎたあたりで「あ、これ失敗する」とか分かるようになったが・・・夜は耳鳴りがして中々寝付けず。
      テスト期間残り1週間の頃に上司が発注元からプロトコルアナライザ借りてきたがテストはあらかた終わってた。
      「あと1週間早く手に入れば・・・」と思ったことが、後に「こんな会社辞めてやる!」の原因の一つになる。

      3. プログラムを書くのに使用した、最も尋常でないコンピューター環境

      ノマド始めた頃、突然の障害対応でノートPCのバッテリ残量がキビシくて、リナザウを使おうとしたら痛恨の電池切れ。
      仕方なくガラケーでソース編集してPCにメール。サーバにアップしてテストした。
      今ならマクドナルドとかに駆け込むが、当時はまだまだ電源取らせてくれる所が少なくて・・・。

      4. これまでにプログラムを書いた中で、最も尋常でないアプリケーション

      copy con foo.bat

      親コメント
  • 世田谷区の小学校 (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2014年06月07日 18時04分 (#2617059)

    元尋常小学校

  • by tori_sanpo (39645) on 2014年06月07日 21時34分 (#2617135) 日記

    ここの人たちなら珍しくもないかも知れませんが
    点滴打ちながらベッドの上とか、病棟ロビーとか。
    ソースを送って貰ってW-ZERO3でちょこちょこ修正。
    NTT病院なためか、携帯電話類の使用制限有りませんでした。

  • by Anonymous Coward on 2014年06月08日 0時51分 (#2617200)
    その辺にいる人に聞いてみたところ、以下のような経験あり。
    - 列車の連結器上。試験走行で、車体の下に仕込んだセンサーをデバッグした。夜なので寒かった恐かった。
    - 某超高層ビル(まだ試験続いているので某)の吹きっさらし屋上で、終夜SCADAのデバッグ。寒かった。
    - これも某スキー場(山形)でマイナス30度。通信関係のコンフィグ調整。
    - でも一番過酷で、絶対にコメントが出ないのは、あの発電所で、浄化装置やロボットの開発・保守しているプログラマーでしょう。現調とか気楽に言うなよ。。。と。
  • by celtis (33470) on 2014年06月07日 18時26分 (#2617071)

    に設置されたL3スイッチがtelnet接続禁止されてたんで、ノートパソコン持ってシリアル直結で設定したことなら。
    尋常じゃないくらい埃が溜まってましたが、服が汚れないように買った百円均一のレインコートで凌ぎました。

    設定変更なので厳密にはプログラミングではないかも。

    • Re:屋根裏 (スコア:5, 興味深い)

      by miishika (12648) on 2014年06月07日 20時45分 (#2617116)
      設定変更なら
      ・UNIXサーバーを非常用テープから起動したら、エディタがedしかなかった
      ・フロー制御がないシリアルコンソールで設定ファイルを直接編集できない(文字抜けがひどくて)ので、別マシンで編集->uuencode->1文字ごとにウェイトを挟んで流し込む->uudecode

      は経験したことがある。
      親コメント
    • Re:屋根裏 (スコア:2, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2014年06月08日 22時19分 (#2617574)

      インフラ屋だとなかなかアクロバティックなところでConfigはありますよね。

      私の場合
      ・尋常ではない場所
        2階吹き抜けの工場の梁の上(高さ5m幅30cmくらい)に設置しているスイッチの設定。なぜかシリアルしか使えなく、ハシゴで梁に上って作業。コンソールの延長、持っていくの忘れていました、すみません。
        高速道路の電光掲示板の中。真下をびゅんびゅん車が走っていました。

      危険手当?ないない(苦笑)

      親コメント
  • 学生のころ、試験で時間が余った時は、答案用紙の余白にプログラム書いてました。

    • by Anonymous Coward on 2014年06月08日 0時31分 (#2617195)

      これ読んで思い出したけど、アメリカ版センター試験のComputer scienceの試験って後半プログラム書くところがあるんですが、答え白紙の回答用紙に書くんですよね。しかも規模が関数1つとかじゃなく普通にクラス複数。やっててむちゃくちゃ違和感あった。

      親コメント
  • by iwakuralain (33086) on 2014年06月07日 22時00分 (#2617142)

    手術中ではないですが画像診断に関する対応で医者でもなんでもないのに手術衣をフル装備で装着させられて作業しました。
    クリーンルームなので仕方ないですが着なれないものを全身装備したのでやりにくいったらありゃしない。

  • 東京は葛西の海岸で船や飛行機を尻目に
    プログラム書いたりputtyでサーバのおもりしたりしていたことがあります。
    あとは渋谷の方の公園とかガード下とか以下略

    // 生きるのに必要なのは衣・食・Web接続されたネットブック

  • 1分間に30回前後
    音量は多分60~80dbくらい(?)
    斜め前の隣(机3つぶん)の距離だけど机の表面が音でビリビリする

    そんなうるさくて不快な音が朝から晩までずっと続く環境。
    キツかった~
    1か月目:気にしてなかった
    2か月目:気になりだすと辛くなり
    3か月目:耳栓

  • by realloc (27431) on 2014年06月07日 17時42分 (#2617040)

    全てにおいて尋常じゃない。

  • by Anonymous Coward on 2014年06月07日 18時31分 (#2617072)

    いやぁTABが尋常じゃないくらい使いづらかったですよぉ。

    #そういう意味じゃないのはわかってます、一応念の為。

    • by Anonymous Coward on 2014年06月07日 20時47分 (#2617117)

      さまざまなブラックな環境が日本には存在するので、
      この程度では最も尋常でないコンピューター環境とは言えないのですが、

      ・一切のインストールが禁止されているので、メモ帳とペイントとIEぐらいしか使えない。
      ・インターネットはつながっていない。調べ物はできない。社内ネットのみつながる。
       メールはなし。客先との連絡は電話かFAXのみ。
      ・他の作業をしないように、スクリーンショットやキー入力ログなどが定期的に送信される。
      ・USBメモリは使用できないように、デバイスを殺された上に、エポキシ樹脂で端子を埋められている。
      ・これでできることは、メモ帳でコードを書くことと、メモ帳でreadme.txtを書くことと、
       メモ帳とペイントでHTML形式の仕様書や取説を書くことぐらいです。

      えらいひとに、なぜ仕事をするのにテキストエディタやコンパイラが必要なのか説得させるのは
      非常に大変なことですし(既に説得に失敗して怒られた人がいる)、時間的余裕もないので、
      当面はこの状況です。VisualStudio買ってなんて言ったらどうなるんだろう。
      まあ、机と椅子とパソコン1台用意しておいてくれているだけでも良いものと思っています。
      逆にこの環境で慣れておけば、地震とかでスタンドアロンのノート1台の状態になっても
      やっていけるので、訓練としてはよいのかなと。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年06月07日 22時04分 (#2617144)

        NTT三田の下請け(2社経由)で開発維持業務していますがこの通りですw

        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年06月08日 0時16分 (#2617185)

        そういう人に必要なのは退職することだと思う
        会社が仕事をしなくていいと言ってるのにワークアラウンドする必要ない

        でなきゃマイク端子からVSを丸ごと流し込むプログラムでも作るか

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年06月08日 1時30分 (#2617209)

    自動走行車にPC置いて走りながら書いた。期間は一週間。
    肉体労働と頭脳労働を同時にこなすのは非常に困難であることがわかった。

  • by USH (8040) on 2014年06月08日 3時06分 (#2617227) 日記

    海外出張中に、とあるボロホテルのコンセントでACアダブタをぶっ飛ばされ、電池の残量気にしながらのデバッグ。

    エレベータが動く毎に部屋のあかりがふわふわしていたので、きっとサージ電流でぶっ飛ばされたに違いないと信じている。

  • by fl (43569) on 2014年06月08日 8時14分 (#2617254) 日記

    ディスク節約のためにエディタがそもそも入っておらず、尋常ではないやり方でファイルを編集していた。
    TYPE CON して COPY 連結とか、SYMDEB (デバッガ) で直接アスキーコードを入力するとか。

    MS-DOS 3.1 の頃。

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...