パスワードを忘れた? アカウント作成

ジェームズ・ゴスリン曰く、未だ人類はポインタの不具合に囚われているのか」記事へのコメント

  • コンピューター業界ではパフォーマンスをのために信頼性を犠牲することは認められる風潮があったが、家電企業は決して安全性を犠牲にはしないということだった。

    しかしまあ、その後のコンピューター業界の隆盛と家電企業の退潮を見ると、どっちが正しかったのか分からないとしか言えない。

    • by Anonymous Coward on 2020年10月12日 16時04分 (#3905120)

      玩具業界にいたものでですが、

      安全性 = 信頼性 ではないと思います。

      たとえば、幼児用のネックレスなど壊れやすい方が安全な場合もあります。

      安全性は犠牲にしてはいけないけど、信頼性は価格や機能との兼ね合いで犠牲にしても良い場合もあります。

      • by Anonymous Coward on 2020年10月12日 16時37分 (#3905152)

        安全に壊れる、というのは信頼性が高いというんだと思う。

        コンピュータープログラムの例でいえば、不正なメモリーアクセスにあった時に、そのことをレポートしつつ動作を停止するのは安全に壊れていて、ちゃんと動いているふりをして情報をお漏らしするのは危険な壊れ方といえる。C/C++では、注意深くないとすぐに危険な壊れ方をするプログラムになってしまうのは、ブラウザーとかJava VMのような大規模なソフトを書くのにはやっぱり向いていない言語なんでしょうね。

      • by Anonymous Coward

        意図した通り安全に壊れる事を「信頼性が無い」なんて言っちゃうと開発(設計)者が可哀そうです
        価格と機能で安全性を犠牲にしてはいけない、なんて言ってしまったら軽自動車は販売できなくなってしまいます

        • by Anonymous Coward

          ある一定の水準以下にはできないよ。
          インドのタタ自動車が出した安全性と引き換えに低価格を実現した車は売れなかったし。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...