パスワードを忘れた? アカウント作成

「じゃんけんゲーム」のロジックに対する意見の相違で兄弟げんか」記事へのコメント

  • 先に勝敗が決まっているのはじゃんけんとは言わない。じゃんけんのシンボルを流用した別のゲーム。
    じゃんけんゲームを実装したというなら兄の実装はじゃんけんのルールに沿ってないのでNG

    • by Anonymous Coward on 2020年07月30日 23時07分 (#3861975)

      その発想は、「どこまで何を認めるか?」という問題にぶち当たる。

      例えば、「投げられたボールが綺麗な弧を描いて飛ぶゲーム」を作る事を考える。

      A. ボールの速度vを考えて、ボールの位置をvずつ動かし、重力加速度gを加えて…
      B. 最初の位置と速度、現在時刻tから、2次関数で今の位置を求める

      「内部処理が、再現しようとしている事の仕組みにそれっぽーく忠実であればあるほど良い」という立場に立つとAが正しいけど、
      「物理的に正確な挙動を示した方が偉い」という立場に立つと、断然Bの方が強い。Aは放物線からの誤差がでかい。

      模し方の違いで、本物のゲーム、別のゲームに分かれるという分類方針は、
      良い感じの実装方法を無駄に却下しかねないので避けた方が無難。

      • by Anonymous Coward

        独立した一回の試行の勝率が1/3でなく、必勝だったり必敗するのはじゃんけんじゃないってそれだけのことなのに、なんでこんな難しく考えるんだろう。

        • by Anonymous Coward

          単純なジャンケンゲームなんて、1/3で勝ち・引き分け・負けが出てくるクジ引きと大差ない、
          という現実にどうすれば目を向けてくれるのだろうかと試行錯誤しているのです。

          プレイしていてもどっちか区別出来ないなんらかのゲームをやるのに、
          「これはただのクジ引きです」と言われたら冷めるのに、
          「これはジャンケンゲームの実装になっています」と言われたら、
          「よっしゃ、攻略してやるぜ! このゲーム最高!」と盛り上がるわけですよね?
          実装がどっちか分からないゲームはどういうテンションでプレイするんだろう? と気になって。

          >独立した一回の試行

          CPUが手を選ぶところを都合良くこの「試行」から外してるとことか、発想が曖昧

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...