パスワードを忘れた? アカウント作成

「情報処理」誌2020年8月号が面白いらしい。プログラミング教育の最前線」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2020年07月29日 15時43分 (#3860927)

    > フローチャートの意味を理解していない先生によるフローチャートの授業がフローチャートお絵かき教室と化している
     
    もしかすると、フローチャートに限らず、全教科でこういう事が起きている可能性はないだろうか。

    ここに返信
    • Re:ちょっと考えてみよう (スコア:2, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2020年07月29日 16時53分 (#3860967)

      教育現場のことは知りませんが、プログラムの意味を理解していないIT技術者による、
      ExcelやPowerPointのお絵かき教室と化しているプロジェクトがあるって噂を聞いたことならあります

      • by Anonymous Coward

        俺が小学生だった20年前のパソコンの授業と何も変わってないな
        課題が終わった人からペイントソフトやピンボールゲームで遊んでよかった。

    • by Anonymous Coward

      フローチャートは方言というか流儀がいろいろうるさい奴が多いので
      UML(のサブセット)のほうがお気楽極楽な予感。

      個人的にはそれと一緒に構造化プログラミングぐらいまで進めても
      構わないと思ってるけど、時代遅れだと反対する人も多いだろうな。

      • by Anonymous Coward

        JISを読め。方言ではなくて、間違っているだけだ。

        フローチャートは構造化未満の粒度のグラフなので、
        そんなのを使うやつは素人と言いたいが、UMLにも
        似たのができちゃった死ね。

        • by Anonymous Coward

          俺はフローチャートは教育には結構いいと思うな。汚い構造が位相幾何学的な感覚で見て取れるし。
          実用ならそもそもそういうのが書けない方がいいのかも知れないけど。

          • by Anonymous Coward

            実用図示プログラミング言語なら、ラダー・ロジック。
            予算が確保できれば、実際に作って動作確認も可能で、教育効果が高い。

            • by Anonymous Coward

              LabVIEWのアイコンをちょっとファンキーにすれば子供み受けないだろうか?
              カメラからフィルタに繋いだ線がビビっと震えたと思うと、テキストに文字が出て来る、とか面白いだろ。

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...