パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

AWSが独自のOpenJDK「Amazon Corretto」発表」記事へのコメント

  • AdoptOpenJDK
    AWS
    Red Hat(利用者のみ)
    Azure(利用者のみ)
    Oracle(有償)
    IBM(有償?、独自VM)
    Azul Systems(有償)
    Google(Androidのみ)

    OpenJDKのソースコードがGPLということを考えると、分断されすぎでは…。
    利用者としては、一元化してもらったほうが安心できるんだけど。
    有償のところや独自VMのところは何も言わんが、
    せっかく無償のAWSがAdoptOpenJDKに合流しないのは、なんとも残念感がある。

    • by Anonymous Coward

      なぜ統合する必要がある。その全部のVMで動作するのがJavaではないか。

      • by Anonymous Coward

        元コメ主だけど、GPLで、かつメンテナンスリリース(機能変更なし)なのだから、
        結局、ひとつの組織が出したバグフィックスの大部分を他の組織も取り込むのでは? そうしない理由はないよね。

        どのベンダもお互いのパッチを取り込むのなら、独自リリースするのは意味に乏しいし、ユーザーに対してあまり正直ではない。
        だったら素直に合流してほしいってこと。そもそも、たかがメンテナンスリリースでここまで分断するのは異常だ。

        一歩譲って、各ベンダーが独自コードベースを持ってもいいけど、upstreamの統合コードベースは維持してほしい。
        プログラミング言語においては、各ベン

        • Sun の時代から Java って TCK(互換性テストみたいなもん)が全て通らなくてもJava名乗っていいんだよ。時期によって TCK も変更されるし、通さなくてもいいテストのリストも随時更新される。
          声の大きい一部のベンダーの実装だと、テストを通せないってなると、簡単に除外リストに入るんだよね。

          Sun の時代から、互換性なんてクソほどにも考えられた運用じゃなかったよ。
          ずっと互換性に問題があるから本家以外を使うと動かないってのが当たり前だったんだよ。
          まぁ、本家の使うと、プラットホーム変わってもだいたい動くけど、バージョン上がると動かないってのがよくあったのだけど。

          親コメント

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...