パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

金融系ではなぜCOBOLが使われるのか」記事へのコメント

  • 過去の遺産(=財産) (スコア:5, すばらしい洞察)

    by NOBAX (21937) on 2014年12月25日 19時52分 (#2734108)
    敢えて代えるリスクを負いたくないから
    • by Anonymous Coward

      今まで動いてきたシステムに、ちょっとの変更を加えるだけだとしたら、やっぱり今までの環境を持ってくるよなぁということですよね。

      #ふさふさから一本毛を抜いてもふさふさだから、何本毛が抜けてもふさふさだろう理論

      • by Anonymous Coward

        そうやってどんどん進化の袋小路に追い詰められて、時代遅れの生きている化石になることを、
        負の遺産と言ったりしませんか。
        #変更にかかる期間の長期化、保守費用の高騰、保守部品は年々入手困難に、etc

        >#ふさふさから一本毛を抜いてもふさふさだから、何本毛が抜けてもふさふさだろう理論
        #ふと気がついてみたら毛が三本。

        • by Anonymous Coward

          > #ふと気がついてみたら毛が三本。

          おばQですか?

          • by shibuya (17159) on 2014年12月25日 21時53分 (#2734176) 日記

            ヒトより頭髪が三本足りない奴はサル、という古伝説もあった。最近人口に膾炙しないほど忘れられているけど。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              きっとわしゃ爬虫類くらいまで退化しとるかの......日々の抜け毛が3本どころでないわい。

            • by Anonymous Coward

              いかに拷問されても、五エ門はルパンの弱点を吐かなかった

          • by Anonymous Coward

            サザエじゃね?

        • by Anonymous Coward

          銀行・金融系はリソースが沢山注ぎ込まれるとか理不尽とかよく言われてるけど、金ドブ権は実在するんだから存分に使ってくれって感じ。
          金持ちがバカなことをやって損するのに「効率が悪い」と進言するような印象を覚える。損するのが意図なら「損をしている」と指摘しても
          しょうがない。

          • by Anonymous Coward on 2014年12月25日 23時21分 (#2734230)

            金ドブ権ってなに?
            銀行が金持ちって何のジョーク?

            銀行の運用益は預金者や何かに返すべきものであって、ドブに捨てて良いようなもんじゃないよ。
            #そういう人の金を自分の物だと思う勘違い君って、マジに存在するんだろうか。

            親コメント
            • by nim (10479) on 2014年12月26日 6時20分 (#2734302)

              >銀行が金持ちって何のジョーク?

              元コメが勘違いか無知でで銀行をバカにし過ぎだというのは同意だけど、
              営業利益の額をみれば、銀行は金持ちで差し支えないと思う。

              金融がIT装置産業だというのもあるけど、事業会社ではなかなか百億円単位のIT投資なんて信じられないですよ。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                製鉄業が自前の製鉄プラント建設したり、鉄道業が自前でリニア建設するのと同じでしょ。

            • by Anonymous Coward

              >> 預金者や何かに返すべき
              預けた時に約束した利子をがっちりもらってるくせにずうずうしい。
              それ以上、びた一文だってやる必要はない。
              銀行の運用益は銀行、またはそのオーナーのものだよ。どこに返せっていうのさ。

              人の金を自分の物だと思う勘違い君ってお前自身じゃないか。

              • by Anonymous Coward

                ってことは金ドブ権は存在するのか
                預金者も相当のリスクを負えばいいと言うなら預金させる代わりに銀行の株とか
                投資信託でも買わせりゃいいんだろうけど
                どうせローリスクハイリターンな商品は他の人には売らないでしょ

      • by Anonymous Coward

        互換性というものがいかに強いものであるか、というやつですね。電子立国だったかな。

    • by Anonymous Coward

      ユニットテストと無縁な言語なせいでリスク値さらに高止まり
      新旧に繋がりの無い業務形態が突然現れでもしなけりゃ百年先もCOBOLを使ってるだろうね

      • by Stealth (5277) on 2014年12月26日 10時01分 (#2734384)

        xUnit 系に沿った COBOL Unit [google.com] とかありますよ。

        親コメント
      • by Stealth (5277) on 2014年12月26日 10時01分 (#2734386)

        xUnit 系に沿った COBOL Unit [google.com] とかありますよ。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        ぽっと出の新人でも「ユニットテスト」なら、旧人を凌駕する
        議論が出来るでしょうけど、

        個々のテストは新旧繋がりを考慮した配慮が要るのでしょうね。

        ちょっと海老鯛が過ぎるかと。「ユニットテスト」で個々の
        テストはとても釣れないでしょ。

      • by Anonymous Coward
        COBOLでもユニットテストは出来るんじゃないかと思います。
        そのようなプロジェクトに参加したことはありませんが。
        • by Anonymous Coward

          なにCOBOLとユニットテストが関係ないような話をしているのかな?
          COBOLの開発作業では創成期からユニットテストしていますよ。

          COBOLの悪口を言う人はこういう知識不足ばかりだね。

    • by Anonymous Coward

      過去の遺産(財産)といえば聞こえはいいですが、要は「アンタッチャブル(=なぜ存在するのか、なぜそうなったのかが誰にもわからない)なソースコードが少なからず存在する」ってことですよね・・・

      また、コーディング仕様としては変化させなくても、システム全体としてはソフトウェア/ハードウェア/オペレーティングシステムのすべてで続々と変化しているわけですから、その点での変化は受け入れざるを得ない状況もあります。

      現にとある金融系プロジェクトでは、現行のコードで想定とは異なる実行結果が出てしまい、さんざんソースコードをすべて洗って調べてみたら、最終的にはCOBOLランタイム側のバグ(正確にはCOBOLのランタイムが依存するシステムライブラリのバグ)だったという笑えないことがありました。

      金融に限った話ではないですが、「自分が変えなくても他者が変われば全体としては変わる」という点がなかなか理解していただけませんね。。

      • by Anonymous Coward

        >過去の遺産(財産)といえば聞こえはいいですが、要は「アンタッチャブル(=なぜ存在するのか、なぜそうなったのかが誰にもわからない)なソースコードが少なからず存在する」ってことですよね・・・

        逆だろ。
        単に動くものを置き換える為の検証コストが膨大で、基本、金融系のプロジェクトは先ずもって全てミッションクリティカルだから。

        膨大なコストと人員さえ突っ込む様な所が有れば何処だって喜んで移行すると思うけど、たぶんその見積もりが想定されるリスクにそぐわないんだな。

      • by Anonymous Coward

        ・自分が変えなくても他者が変われば全体としては変わる
        領域と
        ・他者が変えても関係ない
        領域がある
        だけで、
        後者の領域(私企業の個別の業務)を扱っている部署に
        理解しろと言うのは、単なるタイプミスマッチです。

    • by Anonymous Coward

      敢えて代えるメリットが無いから
      はやりのスクリプト言語なんぞを使えば生産性が飛躍的に向上するようなたぐいのプログラムをCOBOLerがせっせと作ってると思ってるのかしら?

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...